おっちゃんの雑記ブログ!CAMP、LIFE STYLE情報など書きたい事をガンガンUPするBLOG

【これいるの!?】DODワンポールテントのインナーマットの必要性

CAMP

こんにちわ。

DODからまたまた新商品が発売されました。

ワンポールテントSサイズ用インナーマット

出典:DOD

山田孝雄
山田孝雄

ワンポールテントSを購入した私にとっては気になるアイテムですね。



実際には購入はしていませんが、公式HPの情報から詳細をチェックしてレビューしていきます。

商品のレビューは個人の勝手な感想になりますので、ご了承ください。







スポンサーリンク

【DOD】ワンポールテントのインナーマット新発売【大コケの予感!?】

では早速ですが、商品のスペックをチェックしました。

ふむふむ。

正直これ買う価値ある??ってのが第一印象です。

商品の価値は人それぞれですので、完全に主観でしかありませんが。


テントとほぼ同価格のインナーマットなんているの?ってのが本音でした。


6mm厚のマットが微妙

出典:DOD

インナーマットマットのクッション材としては、ウレタンが採用されています。

6mm厚のウレタンでは、寝具としての快適な睡眠は難しいのでは?と思います。

公式サイトでは寝具としての利用の記述が一切ないので当然ですね。

最悪そのままでも寝られなくもない、ギリギリの所ですね。

あくまでテント内で快適に過ごすためのツールとして販売されています。

収納サイズが大きい

出典:DOD


収納サイズが46×14×60cmですね。(Sサイズ)

かなり大き目な寸法になっています。

とはいえ、インナーマットにホームセンターに置いている銀マットを敷こうと検討されている人であれば、気にならないサイズではあります

今あるアイテムの追加と考えると、積載問題を抱えている私にはとても大きなサイズ感です。


テントと同価格帯なマット

DODのワンポールテントSと同価格帯の価格設定になっています。

でも他社の同サイズのウレタンマットと比較すると特別高いわけでもない。

そうか!テントが安いからマットが高く感じるのか!

消費者心理としては、オプション品に高額な費用をかけたくないのが本音だと思います。


スポンサーリンク

DODのインナーマットが必要なケース

DOD純正のインナーマットを購入したら良さそうなケースを想定してみました。



テント内で過ごす時間が多い人

ワンポールテントSサイズの利用ができる人数は実際1~2人です。

2人使用でテント内で日中も過ごすと考えると若干窮屈になります。

ソロキャン(1人)でワンポールテントSを利用して、テント内で過ごす事が多い人は購入のメリットがあると思います。

そして、ワンポールテントの「M」「L」サイズでの使用を考えるとファミリーでの使用ケースが増えると思われますので、あったら快適なマットになります。

サイトの地面が砂利の場合にも効果を発揮しそうです。




冬キャンでの使用を想定している人

ワンポールテント自体にスカートが付いていないので、冬場に使用する場合はテントに加工が先に必要になります。
※ビ二ールシートなどで、スカートをクリップ等でくっ付けるだけですが。

純正のマットですから、テントにドンピシャサイズ。

幕内の地面からの冷気を遮断する効果としてはかなり高そうです。



スポンサーリンク

必要性の価値観は人それぞれ

結局、価格にしても利便性にしても購入者の価値観次第ですね。


私個人的には、先日DODのコットを購入したばかりだったので、購入するつもりはありません。


しかし、コットを購入する前に発売されていたら…。

コットと同価格なので購入の候補になっていたかもしれない。



何を購入するにしても、タイミングって結構重要ですよね。

もしコットを購入せずに、このマットを購入していたら…きっと絶賛していたことでしょう。

結論、あったら便利で快適!でもぜんぜんなくてもいい!

まあそんなキャンプアイテムいっぱいありますけどね。


常日頃、妻と生活スタイルの教訓があったのを忘れていました。

あったら便利は、なくても大丈夫!


これを購入時に迷っているときに、お互い発言することで不要な物を購入しないように意識しています。


(どうしても欲しいときは、あれこれ理由を付けて結局買ってしまいますが)




おわりに

正直、価格が今の半分程度であれば欲しいかもって感じです。

そうです。貧乏な我が家にはあまり快適なグッツを購入する馬力はありません。

積載に問題がなく、快適なキャンプを望み、お金に余裕がある方はガンガン購入して経済を回しましょう。(回してください。)

きっとテント内で一度使ってしまったら、手放せないアイテムになるのかななんて思います。

なにより、購入できない(妻に怒られる)、私がこの僻みとしか思えない記事をUPしている事に必要性があるのか?と思いましたが、記事にしました。


では。


タイトルとURLをコピーしました