おっちゃんの雑記ブログ!CAMP、LIFE STYLE情報など書きたい事をガンガンUPするBLOG

【悲報】キャンプって案外やることがない!って思った時の読み物

CAMP

こんにちわ。

今回は、キャンプでの過ごし方・時間の使い方の記事です。

まだキャンプに慣れていなければ、時間はあっという間に過ぎててんてこ舞いだと思います。

しかし、ある程度キャンプの経験が増えてきたら、ふと思ったりしませんか?

山奥のキャンプ地でまわりに施設もなにもなくて…。

有効な時間の使い方が分からなくて…。


設営が終わってからの夕飯までの時間に、私もふと思う事が増えました。

山田孝雄
山田孝雄

あれ!?結構キャンプ場ってヒマじゃな。



キャンプ場でYoutubeのキャンプ動画見るくらいやる事がないこともあります。



子供さんがいたり、グループキャンプなどでは色々と楽しみの作り方があると思います。特に子供さんがいる家庭は、ある程度楽しませる工夫が必要ですよね。

今回は、ソロキャンやカップル、夫婦キャンプなどで時間の使い方について考えてみました。

スポンサーリンク

キャンプって案外やることがない!

いろいろと考えた結論から申し上げます。

✔はい!とくに何もしないでOKです。なにもしないスタイルでキャンプをしましょう!

山田孝雄
山田孝雄
 

しょうもなーとか思わないでください。結構まじめに考えました。


私はまだキャンプ経験が20回程度の初心者であります。

初心の時と比べると明らかにマンネリ気味になってきているのは事実です。

そこで40歳山田孝雄は、これを打破する戦略を考察しました。

※最近ようやくキングダムの面白さに気づいてちょっと表現など影響されています。





なぜキャンプでなにもしないのか?

最初に言っておきますが、全くなにもしない訳ではありませんよ。

設営が終わり、周りのキャンパーさんのキャンプサイト見たり、キャンプ場の探索もしたりとしています。

一息着いたときに思うことが多いんです。


山田孝雄
山田孝雄

もう完全にやることないなぁ。



ここがポイントになります。

✔なにかをしようと考えるからヒマだと思うことになると。

せっかくキャンプ場に来たから楽しまないとって思うのが普通ですよね?

だからキャンプ地で楽しむ為にあれこれ考えて、結局何も見つからなくてヒマだなって考えに到達してしまいます。



最初からなにもしないって決めて行く

最初から、なにもしないって決め込むのが一番の解決策です。

山田孝雄
山田孝雄

私もこのスタイルを決め込んでから、ゆったりと過ごせるようになりました。


特にソロキャンパーさんにはおススメのスタイルです。

なにかしないとって思うと、変にソワソワしてしまいます。

私の場合はホントに何もしないって決め込んで行くほうが、時間が経つのが早い気さえしています。


休日に、学校や仕事などで疲れて「今日はなにもしない」って決め込むマインドと同じスタンスでキャンプに挑みます。

山田孝雄
山田孝雄

このスタイル、ホントおすすめです。


なにもしないキャンプを楽しむ為にやっておきたい事前サーチが1つだけあります。



スポンサーリンク

キャンプ場選びにはこだわる

なにもしないスタイルで最初のうちは、どんなキャンプ場でも大丈夫です。

しかし、なにもしないスタイルにもマンネリがやってきます。

山田孝雄
山田孝雄

結局はマンネリしてしまうんです。



三度の飯よりキャンプが好きって人は、キャンプ場にいるだけで幸福感があります。

でもそこまでホンモノの人って少ないですよね?

だだっ広いグラウンドのようなサイトでは、正直ちょっとなって思う時がやってきます。

キャンプ場からの景色・景観にこだわって選びましょう。


キャンプ場選びってホントに大事です。

わたしはここでひどい目に遭遇しました。



最初の頃は、便利なオートキャンプしか考えられなかった私です。

しかし便利なオートキャンプにはマナーの欠片もない新人キャンパー達がやってきます。

私の現在住んでいる広島県には、市や町が運営しているきゃんぷ無料や激安なキャンプ地が多くあります。

オートキャンプ場が悪い訳ではないですが、マナーのないキャンパーにイライラさせられる事を防ぐキャンプ場選びも重要です。


山田孝雄
山田孝雄

オートサイトに1回5~6,000円も払うのがバカらしくなったのが、ホントのとこでもありますが。


オートキャンプ場を避けて、景色のよいキャンプ場がおススメです。

なにもしないスタイルの時間が心地よく流れていきます。

山田孝雄
山田孝雄

とはいえ、繁忙期などサイトを抑えたいときはオートキャンプにしています。



選択する余地があるのであれば、景色優先のキャンプ場選びもアリってことです。




スポンサーリンク

自宅で過ごすようなリラックススタイル

キャンプに求めるものは人それぞれあると思います。

でも、サバイバル環境での刺激を求めていく人は少ないですよね?

山田孝雄
山田孝雄

好物の焚き火が、朝晩できれば基本OKです。


妻はキャンプ場で読書をしたり、日記を書いたり普段通りの過ごし方がお気にいりのようです。

なにもしないスタイルで、ヒマな時間は自宅と同じように過ごすとより一層自然を感じとることができます。

結果、スマフォでYoutube見たり、映画見たりして過ごしています。

キャンプ場でスマフォ?はあ?もっとアクティブに行動しろ!

ってご意見もあるかと思います。承知しております。しかし、

なにもしないスタイルでは普段通りの生活を推奨しております。

ホントにおすすめですよ。

・屋外で過ごすから感じ取れる気温の変化
・虫などの発生状況の変化
・日没から夜になる時間の変化


なにかに没頭しないからこそ、ゆったり過ごせる時間になります。

山田孝雄
山田孝雄

実際は、運転と設営に疲れてなにもしたくない!!って思いも少々ありますが。



おわりに

非日常を楽しめるのが、キャンプの醍醐味であります。

そこをあえて、日常の延長線として考えて過ごす時間もアリだと思います。

なにしようかな?って考えるのも楽しみではありますが、

なにも思いつかない時は、なにもしないスタイルを是非試してください。

では。



タイトルとURLをコピーしました